読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとぴ*アレルギーの話題

アレルギー家族を持つ父親として気になったアレルギーの話題についてのブログです。※アレルギーという話題の性質上、本ブログの情報の活用による責任は負いかねますので、ご了承ください<m(__)m>

次のリンク先ではアレルギーに関するニュースをクリップしています。
│アレルギー全般│ │食物アレルギー│ │喘息(ぜんそく)│ │アトピー│ │花粉症│ │化学物質過敏症│

2015年春のスギ・ヒノキの花粉飛散予測をウェザーニューズ、日本気象協会が発表。前年より増加予測。

花粉症

秋の花粉症に悩まされている方も多いと思います。来年2015年の花粉飛散予測をウェザーニューズ日本気象協会がそれぞれ発表しました。

2015年の花粉飛散傾向発表。花粉飛散量は平年の1割増、東日本は3割増とやや多めに/2014.10.08ウェザーニューズ

http://weathernews.com/ja/nc/press/2014/141008.html

「東日本は、平年よりやや多く平年の3割増、西日本では平年と同じかやや少なくなりそうです。最も花粉が飛散する地域は関東〜東海で、多いところでは平年の 5割増となる見込みです。一方、中四国や九州の飛散量は平年より少なくなる見込みで、2014年の半分になる地域もありそうです。例年と同様、2月以降は 徐々に花粉飛散量が増えていくので、早めに事前の対策をとることをおすすめします。  」

 

2015年春の花粉飛散予測(第1報) ~前年に比べると東京や大阪は1.5倍以上に!~ニュースリリース | 日本気象協会

http://www.jwa.or.jp/news/2014/10/post-000431.html

「 2015年春のスギ及びヒノキ花粉(北海度はシラカバ)の総飛散数は、九州と中国・四国のほとんどの地域では例年を下回るでしょう。近畿から北海道にか けては例年並みの所が多い見込みです。前年(2014年)の飛散数に比べると、九州と中国・四国は少ない所がほとんどでしょう。ただし、近畿から東北にか けては前年の飛散数が少なかったため前年よりも多く、特に関東や東北では非常に多くなる所がある見込みです。北海道は前年並みの飛散数になる見込みです。」

 

いずれも前年に比べると花粉の飛散は増加する予想となっています。油断せずに花粉飛散前に対策を打っておきたいですね。