読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとぴ*アレルギーの話題

アレルギー家族を持つ父親として気になったアレルギーの話題についてのブログです。※アレルギーという話題の性質上、本ブログの情報の活用による責任は負いかねますので、ご了承ください<m(__)m>

次のリンク先ではアレルギーに関するニュースをクリップしています。
│アレルギー全般│ │食物アレルギー│ │喘息(ぜんそく)│ │アトピー│ │花粉症│ │化学物質過敏症│

減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬「シダトレン スギ花粉舌下液」、2014年10月8日(水)に販売開始

今年1月に花粉症の舌下薬シダトレンが承認されたことを話題にしました。

花粉症の舌下薬(鳥居薬品株式会社の舌下免疫療法薬「シダトレン」)が国内で新たに承認されたことが話題に。 - あれとぴ*アレルギーの話題

 

花粉症の減感作療法薬として大きな話題になっていましたが、販売の開始日が2014年10月8日になったとの発表が鳥居薬品からリリースされました。

スギ花粉症を対象とした減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬「シダトレン®スギ花粉舌下液」薬価収載および新発売のお知らせ | プレスリリース | 鳥居薬品株式会社

http://www.torii.co.jp/release/2014/140902.html

シダトレンの概要について、上記リリースから引用します。

『シダトレン®は国内で初めて承認された、舌下に投与する減感作療法薬であり、従来から施行されてきた皮下注射による減感作療法と比べ、注射による痛みもなく自宅で治療ができるのが特徴です。

 当社は、シダトレン®がスギ花粉症治療の新たな選択肢として定着し、患者さんの治療に貢献できることを期待しております。

 なお、本件が当期の業績に与える影響は軽微です。

<減感作療法(アレルゲン免疫療法)について>
 減感作療法とは、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法で、下記のような特徴があります。
●    アレルギー症状を軽減したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
●    治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。
●    治療は長期間(3~5年)かかります。
●    すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

 特に舌下減感作療法は、患者さんが自宅で毎日服薬を続ける治療であるため、起こりうる副作用や その際の対応も含め、患者さんご自身の治療法に関する十分なご理解が重要になります。』

期待をしすぎるのもいけませんが、効果を期待してしまいます。

同社では、免疫療法の解説サイトも運営していますので、興味のある方はご覧ください。

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ|鳥居薬品のアレルゲン免疫療法専門サイト