読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとぴ*アレルギーの話題

アレルギー家族を持つ父親として気になったアレルギーの話題についてのブログです。※アレルギーという話題の性質上、本ブログの情報の活用による責任は負いかねますので、ご了承ください<m(__)m>

次のリンク先ではアレルギーに関するニュースをクリップしています。
│アレルギー全般│ │食物アレルギー│ │喘息(ぜんそく)│ │アトピー│ │花粉症│ │化学物質過敏症│

アレルギーに関係する最新のニュースや話題【自動更新】

Twitterのリストを利用して、アレルギー関係のニュースや話題の最新ツイートをまとめてご覧いただけるようにしました。 https://twitter.com/allergy_j/lists/allergy-informationのツイート // @allergy_jさんのツイート //

アトピー性皮膚炎の子どもは汗をかきにくく、冬でも熱中症に注意が必要。無理は禁物。体質改善にはゆっくり入浴を。

マイナビニュースにアトピー性皮膚炎で汗をかきにくいお子さんの改善策についてのQ&A記事が掲載されていました。改善策については、私立医科大学准教授の小児科専門医に伺った話として紹介されています。 冬でも熱中症が心配! 汗をかきにくいアトピーの子ど…

秋は空気が乾燥し肺や気管支が弱りやすい季節。ぜん息、アトピー体質の方は自然の多い場所で深呼吸を。

漢方薬・生薬認定薬剤師の村上百代さんの『年をとるほど健康になる人、なれない人』(自由国民社/刊)の紹介記事に、喘息やアトピー体質の方は自然の多いところで深呼吸を心がけると良いとのアドバイスが紹介されていました。 体と心が疲れがちな季節“秋”を…

保護機能が低下した皮膚から食物たんぱくが吸収され発症する食物アレルギー

朝日新聞の記事で、食物アレルギーが皮膚からも発生することがあるという内容が紹介されています。 食物アレルギー、皮膚からも 食物アレルギー、皮膚からも - けんこう処方箋 - アピタル(医療・健康) 『近年、保護機能が低下した皮膚から食物たんぱくが吸…

新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3 割以上低下。アトピー性皮膚炎発症が卵アレルギーの発症と 関連。国立成育医療研究センター(NCCHD)の発表

独立行政法人国立成育医療研究センター(NCCHD)が発表したアトピー性皮膚炎の研究成果が大きく報道されています。 乳児に保湿剤を塗ることでアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下 - NCCHD 乳児に保湿剤を塗ることでアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下 - NCCHD |…

汗をかく機会を増やすことで、アトピー性皮膚炎の症状が改善

アトピー性皮膚炎と発汗の関係について、週刊ポストに記事がありました。 ◆痛痒いアトピー性皮膚炎 汗をかいて洗い流すことで症状改善 大阪大学医学部附属病院皮膚科の室田浩之先生の話とポイントが紹介されています。 汗をかかないことで、熱がこもり皮膚の…

アトピー性皮膚炎情報のまとめ、リンク集«随時更新»

あれとぴで紹介したアトピー性皮膚炎について参考になる情報が掲載されているサイトなどのリンク集です。良いサイトと出会いましたら随時更新していきたいと思います。 photo by metamerist ◆アトピー性皮膚炎に関する情報サイト Home - アトピーノート Home…

毎日新聞で草津温泉での1ヶ月のアトピー性皮膚炎の温泉療法で79%の患者の症状が改善したというコメントが紹介されています。

毎日新聞の温泉の入り方などを紹介する記事が掲載されています。 体に優しい温泉の入り方:入浴は1日3回まで 朝風呂にはリスクも - 毎日新聞 その中で、次のように、アトピー性皮膚炎に効果のある泉質のコメントとありました。 『群馬大学医学部付属病院の…

日経トレンディに連載記事が掲載されている皮膚科専門医の山本綾子医師の「アトピー発症機序理論」の関係サイト

日経トレンディのウェブサイトに、「アトピー発症機序理論」を提唱されている皮膚科専門医の山本医師の連載記事が掲載されています。現時点で2回目まで掲載されています。 “皮膚科専門医 山本綾子の解決!オトナの皮膚病・肌トラブル 日経トレンディネット” …

アレルギー関係のアプリ(iOS、Android)

食物アレルギー、アトピー、ぜんそく、花粉症に関係するアプリの検索結果へのリンクです。レビューも参考に、試してみてはいかがでしょうか。 ◆食物アレルギー 食物アレルギーに関係するアプリの検索結果です。 / “「食物アレルギー」の検索結果 - Yahoo!マ…

花粉症やぜんそく、アトピーに効果がある和歌山県原産の柑橘類「じゃばら」に注目してみました。

和歌山県北山村原産の柑橘類「じゃばら」に含まれる「ナリルチン」が花粉症などのアレルギーを抑える効果があるとのこと。 和歌山市のサプリメントの研究開発企業「株式会社ジャバラ・ラボラトリー」がじゃばらの皮を原料とする抗アレルギー用製品の製法特許…