読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとぴ*アレルギーの話題

アレルギー家族を持つ父親として気になったアレルギーの話題についてのブログです。※アレルギーという話題の性質上、本ブログの情報の活用による責任は負いかねますので、ご了承ください<m(__)m>

次のリンク先ではアレルギーに関するニュースをクリップしています。
│アレルギー全般│ │食物アレルギー│ │喘息(ぜんそく)│ │アトピー│ │花粉症│ │化学物質過敏症│

アレルギーに関係する最新のニュースや話題【自動更新】

Twitterのリストを利用して、アレルギー関係のニュースや話題の最新ツイートをまとめてご覧いただけるようにしました。 https://twitter.com/allergy_j/lists/allergy-informationのツイート // @allergy_jさんのツイート //

ダイソンがバクテリアを99.9%除菌する新型加湿器を発表。米国の喘息およびアレルギー基金公認「asthma & allergy friendly」規格を取得。

〇ダイソンが、加湿器の新製品「Dyson Hygienic Mist(ダイソン ハイジェニック ミスト) AM10」を発表。 〇スポンジやフィルターを使用せず、本体内で、水にUV-Cライトに直接当てることで、99.9%のバクテリアを除菌する「ウルトラバイオレットクレンズテク…

秋は空気が乾燥し肺や気管支が弱りやすい季節。ぜん息、アトピー体質の方は自然の多い場所で深呼吸を。

漢方薬・生薬認定薬剤師の村上百代さんの『年をとるほど健康になる人、なれない人』(自由国民社/刊)の紹介記事に、喘息やアトピー体質の方は自然の多いところで深呼吸を心がけると良いとのアドバイスが紹介されていました。 体と心が疲れがちな季節“秋”を…

洗濯物の干さないままでの長時間放置はカビ発生の原因。アレルギー、喘息発作を誘発する危険も。

アメーバニュースの記事から。 我が家でも、洗濯したのを忘れてしまってそのままにしてしまったこともありますが、これは厳禁。洗濯物の干さないままでの長時間放置はカビ発生の原因。アレルギー、喘息発作を誘発する危険もありますので、要注意です。 ジッ…

掃除用品に含まれる薬剤がぜんそくのリスクを高めることも。

次の記事の中に掃除用品に含まれる薬剤がぜんそくのリスクを高めることがあることが紹介されていました。 マジ!? 体にいいと思いきや「実は悪影響たっぷりの」ヤバイ生活習慣5つ | マイナビニュース 『掃除するとき薬剤を使用する アメリカで実施された研究…

アステラス製薬とアストラゼネカが「みんなの喘息川柳コンテスト」を開催。2014年12月9日まで募集中。

アステラス製薬とアストラゼネカが、2014年9月29日、「チェンジ喘息!Voiceプロジェクト」の一環として、「みんなの喘息川柳コンテスト」を開催し、募集を始めたということです。募集期間は12月9日までで、コンテストのウェブサイトから投稿できます。 ◆…

東京都内のぜんそく患者への医療費全額助成を2014年度末で認定申請受付を終了する条例が可決成立。

東京都内のぜんそく患者への医療費全額助成制度について、2014年度末で認定申請の受付を終了する条例が可決成立したとのことです。 ぜんそく医療費全額助成 都、打ち切り条例可決 東京新聞:ぜんそく医療費全額助成 都、打ち切り条例可決:社会(TOKYO Web)…

妻の妊娠前にタバコを吸っていた男性の子どもは喘息になりやすく、父親の喫煙年数が長いほど、リスクが高い。

気になる調査結果が紹介されていました。 【悲報】喫煙歴のある男性の子どもは喘息になるリスクが高いと判明 【悲報】喫煙歴のある男性の子どもは喘息になるリスクが高いと判明 - IRORIO(イロリオ) ノルウェーのベルゲン大学、Cecile Svanes博士が13,000人…

日本小児アレルギー学会が吸入ステロイド薬(ICS)による小児ぜんそくの長期管理について基本的見解。ベネフィット(症状の改善等)とリスク(長期使用による小児の成長抑制)を考慮した使用判断が必要。

いくつかのネット記事で紹介されていましたが、日本小児アレルギー学会が、喘息の患者さんに使われている吸入ステロイド薬による小児ぜんそくの長期管理について、報告をしています。 ◆小児アレルギー学会の報告日本小児アレルギー学会 - 吸入ステロイド薬 (…

アレルギー関係のアプリ(iOS、Android)

食物アレルギー、アトピー、ぜんそく、花粉症に関係するアプリの検索結果へのリンクです。レビューも参考に、試してみてはいかがでしょうか。 ◆食物アレルギー 食物アレルギーに関係するアプリの検索結果です。 / “「食物アレルギー」の検索結果 - Yahoo!マ…

花粉症やぜんそく、アトピーに効果がある和歌山県原産の柑橘類「じゃばら」に注目してみました。

和歌山県北山村原産の柑橘類「じゃばら」に含まれる「ナリルチン」が花粉症などのアレルギーを抑える効果があるとのこと。 和歌山市のサプリメントの研究開発企業「株式会社ジャバラ・ラボラトリー」がじゃばらの皮を原料とする抗アレルギー用製品の製法特許…

筑波大学の渋谷彰教授らが腸内の真菌(カビ、カンジダ)がぜんそくを悪化させる仕組みをマウスで解明したことが話題に。

筑波大学の渋谷彰教授らの研究グループが、腸内の真菌がぜん息を悪化させる仕組みをマウスを使った実験で解明したことを発表したことを受けて、報道が続いています。 発表資料はこちら↓http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140116/ 腸内細菌のバランスの乱れ…

意外と知られていない喘息(ぜんそく)が悪化する要因という記事を読んで、参考になるサイトも探してみました。

健康百科というサイトの次の記事を読みました。 【健百】意外と知られていない喘息の悪化要因 | あなたの健康百科 新百合ヶ丘石田クリニックの石田一雄院長へのインタビュー記事になっていて、ぜん息が悪化する要因として、次のものが紹介されていました。 ○…

梅雨時期の小児ぜんそく、夏型過敏性肺炎などの夏アレルギー予防対策のひとつとしての「鼻呼吸」

鼻呼吸を楽にする鼻孔拡張テープ「ブリーズライト」を発売しているグラクソ・スミスクラインからのリリース資料からの情報です。 小児ぜんそくは、特に、高温多湿を好むダニ・カビが繁殖する梅雨にかけて悪化 要因として、雨で布団が干せないこと、家の中に…